読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんぶの老害日記。

弱音と強音吐きます。わかったようなことかきます。心にささったことばや、思い出書いてます。そっとしといてくださいね。

岩瀬敬吾@京都♡

今月も岩瀬敬吾に会いに行った♡

2月から3ヶ月連続、岩瀬敬吾に会えてる!

今日の岩瀬敬吾

f:id:nanbu214:20170419224628j:image

かっこ良すぎるやろ。

握手してもろた。妊娠したかも。

お金無いのと体調悪いのに岩瀬敬吾のライブに行かせてもらった上に


f:id:nanbu214:20170419224823j:image

買っちゃった♡

 

しばらく手を洗わんぞーーーっ

 

ちっちえ。

ある番組で岩瀬敬吾の元相方さんが出てた。

あー。岩瀬敬吾のことも触れて欲しいな、って思ってたら、ちゃんと触れてくれてた。

あ、「以心伝心」や。

むかし、イントロだけでもわかるくらい19の曲聴きまくってたなー。

 

もうすぐ京都で岩瀬敬吾のライブあるんだけど、仕事の兼ね合いで、いけるか不確定だったので、チケット取れずにいたけど、この番組が放送されたら、チケットなくなっちゃう!と思って急いでチケット予約した。

いやいやいやいや。ちゃうやんな。

うちはいつでも見れるねんから、先月、横浜で間近で彼を見れたんやから、他の人に譲らなあかんかった。

Soldoutになって喜ばんとあかんかったんやった。

あー。チケットなくなっちゃう!じゃねーし、うち。

ファンが増えるとライブの頻度も高くなるじゃんね。むかしは彼の良さを知って欲しくてファンを増やそうとしてたんやった。

どの立ち位置でモノ申してるか自分でもわからんけど、マジでこの方最高なので、みんなに知ってほしいし、ライブに行って間近で聴いてほしいねんなー。

 

あー、会いたいなー。

 

理由。

今日バツイチの友だちに離婚の理由を聞かれた。

もいっかい結婚式の日に戻りたいねー。なんて言ってた。

もいっかい同じ人と結婚したくないと友だちは言ってた。

うちは、同じ子どもを生みたいので、同じ人がいいと言った。

 

妊娠した時のことを思い出してた。

 

ケータイ屋(併売店)でお店してた時に、大学生バイトの小寺っち(男)に、「最近、よく食べますね。ひじりちゃん太ってません?」と言われ、あ!となった。

そういや、生理来てない。と思ってしばらくしたら生理が来た。小寺っちに「来たわー。よかったー」とか報告すると、「ただのデブになっただけやったんすねw」と言われガハハと笑ってた。

夕方に、小寺っちに「やばい。血が止まった」と伝えた。2人でネットで検索する。

これはもしかしてもしかするかも?と2人で顔を見合わせた。

しばらくすると、小寺っちが「ちょっと出てきます」とお店を出て行った。帰ってくると、妊娠検査薬を手渡された。

それを受け取ったうちは、トイレに入った。出てくると、小寺っちが心配そうな顔で見てた。一緒に検査薬を眺めた。

陽性だった。

小寺っちは「どうするんですか?本人に言わないと。」って言うんだけど、ムリムリムリムリムリ!ってなって、それから1ヶ月くらい誰にも言えなかった。もちろん当時の彼氏である元旦那にも。

ある日、元旦那と共通の友人である、向井さんなっちゃん夫婦の家に1人で遊びに行った。

その時に、その夫婦に妊娠してることを伝えた。その夫婦はめちゃくちゃ喜んでくれた。

向井さんは「あのオッサン、パパになるんかぁ!!!」と嬉しそうだった。

すでに3人目を妊娠してるなっちゃんは、「わからんことあったらいつでも聞いてな!」と祝ってくれた。

うちも嬉しくなった。

23時頃、元旦那がその夫婦の家に迎えに来てくれた。

向井さんが元旦那に妊娠してる事実を伝えた。元旦那はすげー嬉しそうに、そして恥ずかしそうに笑ってた。

向井さんは元旦那のお尻を蹴ってた。元旦那は笑ってた。

 

そしてあれこれあったけど、急いで結婚式を挙げて、しばらくしてゆうきが産まれた。

みんなに祝福された。

お腹にいる時はホントにしんどくて、ずっとツワリと妊娠中毒症に苦しんでた。

貧血になるわ、気持ち悪いわ、寝れないわ。

早く出てきてーって思ってた。出産予定日が5/29だったんだけど、5/28まで仕事をして、それから里帰り出産をするため、実家に帰った。なかなか産まれないので、2駅歩いて帰れと言われ、歩いて帰った。

よく考えたらあれ、3駅じゃん。

田舎のひと駅ってめっちゃ長くて。でも歩けと言われるのだから歩こうと。

結局、陣痛起こるも、丸3日あの激痛に耐え、どうしようもないので、陣痛促進剤と酸素ボンベをしながら、ゆうきを出産した。

丸3日激痛に耐えてる時は、昼間は母が。夜は旦那がいてくれてた。

狭ーいベッドに元旦那もいっしょに寝てた。

10分置きくらいにくる激痛が来ると、元旦那はずっと腰をさすってくれてた。

陣痛のとき、腰をさすると、すげー楽になるんよね。

痛さでおかしくなりかけてるので、元旦那に当たり散らす。それでも元旦那は「産んだ後、覚えとけよ!」と笑って腰をさすり続けてくれてた。

立会い出産を希望してた元旦那だったが、うちが「気が散る」という理由で出て行ってもらった。

あかん、死ぬー。お願い、腹切ってー

と叫んでたそう。覚えてない。

 

そうやって産まれたゆうきが可愛くて仕方ないのは当然。

ゆうきが健やかに育ってくれたら、うちは何も要らないや。

奇しくも今日は入籍した日やった。4て数字嫌われるけど、うちの1番好きな数字。

 

 

 

 

 

 

 

 

思い込み。

自戒のため備忘録として。

 

うちは結構慎重派であると思う。そうでない事もいっぱいあるけど、自分の行動が無駄にならないように、事前確認を念入りにする。

 

たとえば、どうしても行きたい飲食店があって、そのお店が人気店であれば、必ず事前予約する。予約不可のお店であれば、空きのでやすい時間帯をお店の方に聞いて、その時間帯に向かう。無駄に待ったり、そのお店以外のもので妥協したくないから。

まあ極度の面倒くさがり屋なんだと思う。お店が満席で他のお店をさがすとかプランを立て直すのが面倒いだけ。

 

先ほど、ふと「鮭定食食べたい」と思った。

焼鮭と味噌汁と出汁巻きとごはん。

この付近で鮭定食食べれるお店は吉野家やよい軒だな。吉野家のHPを念入りに確認する。なるほど、牛皿に焼鮭と味噌汁。おお!明太子なんかもOPで付けれる。

よし!吉野家行くぞと真夜中チャリを漕いだ。

 

閉まってる。。23時までじゃん。。吉野家って24時間営業じゃないの?当たり前のように24時間営業だと思ってた。これ。これが思い込み。HPで鮭定食が存在してることを確認した上で、明太子もOPで付けれるとか、いくらとか隅々までHP確認したのにさ。もう焼鮭と明太子の口じゃん。

でもねでもね、保険をかけといたよ。吉野家のすぐ近くにあるやよい軒にも鮭定食あるもんね。まあ明太子は仕方ない。

やよい軒まで数十メートル。

やよい軒閉まってんじゃん。。2:30までって。。隣をみると、街かど屋。街かど屋に鮭定食展開を期待したけど、まぁないよね。

鮭と明太子の口がぁあああ。

結局、鯖定食にした。

 

慎重派なくせに、吉野家やよい軒は24時間営業との勝手な思い込みがもたらした結果。

いつもそう。新幹線の時もそう。京都駅には東京行きのホームは1つ(両サイドなので2つ)しかなくて、東京も当然そうだと思ってるから、19:50発ののぞみの指定席買ったのに、20:50発の案内のあったホームでひたすら待ってる。19:51になってものぞみが来ないから、案内板を確認したら20:50発って書いてある。新幹線のホームは一つしかないという思い込みね。。東京は京都より都会なんだから、ホームは無数にあるよね、そりゃ。。

 

新宿の改札口で、「総武線は入って1番左だからね!」と言われて、左、左。。あ!あった!総武線って書いてある!よかったー。あっ電車来てる、と思って飛び乗った。

ホームには両サイド電車が来るんだよ。。上下線なんだよ。。

ほら、初めてみる駅に着いたじゃん。。逆方向じゃん。。ってことになる。

「左」って思い込みから、ホームに降りても確認もせずに左に乗っちゃうんだよ。。

 

彼氏さんとどこかではぐれた時に、彼氏さんが連絡してきてくれるって思い込みね。

無いのね。絶対。あの人、連絡せずとも会えると思ってはるの。うちは、ゲーム感覚で連絡しなくても彼に会える、もしくは連絡があると思い込んでるから、その場で動かず待ってるのよね。

でも、連絡無いよね、実際。笑

もちろん会えたこともいっぱいあるけど、彼は絶対に連絡してこないの。陰でうちを見つけて死角で待ってたりするの。うちは、あっちが探してくれるって思い込んでるから、キョロキョロはするけど、動かない。

あー。30分経ったな。。不安だなとか思ったら、彼に連絡してみるか、少し動いてみる。

たいてい、横にいるんだよね。

それ、何回もあるのに、彼が探してくれるって思い込みが消えないの。学習能力ないんだよね。土地勘のない場所では頭真っ白になっちゃうってのもあるけど。

 

ほんとに思い込みはよくない!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス。

まあ多少のストレスは日々あるけど、どうしても耐え難いストレスってのがある。

それが、どうでもいい異性からのLINE。

 

それは何パターンかあるけど、今抱えてる大きなストレスLINEはとりあえず2件。

 

ひとつめ。

1日に1、2回届く、スタンプのみのLINEや、うちの名前を呼ぶだけで用件を書いてない人。

f:id:nanbu214:20170330234423j:image

このスタンプまったくかわいいとも思わないし、どう反応していいかもわからないし、構ってちゃんなのか、キモいなと思って既読無視する。

あとうちの名前を呼ばれる。もちろん用件はない。たまにダジャレなようなものも届く。また違う日は「俺の作った○ッポロ一番は美味いぞ」とか。もちろん既読無視。煩わしいので、このままブロックしてやろうかとも思うが大人げないので、次回からは未読スルーにしようと思う。

 

ふたつめ。

大して仲良くもないのに、毎日毎日LINEで電話かけてくる。

f:id:nanbu214:20170330235242j:image

(今回はスクショ撮るために開封しましたが、毎回未読にしてます)

 

もともとこの方は以前の職場で知り合って、たまたま道ばたで再会した時に、「LINE教えて」としつこかったので、面倒くさくて教えましたが、こんなに連絡くるとは思わなかった。

でも、2度ほど電話をとったことがあります。

1度目はLINE交換してから数日間、たわいもないLINEが届き、それに答えてた最中に突然LINE電話が鳴った。

たわいもない話をされてた。眠くなったと伝えて切った。

2度目は何度かLINEが来てたけども、面倒くさくて「すみません、今忙しくて返信ができないです」と返した2日後に、「まだ忙しいかな」とLINEが届き、すぐに電話が鳴って、思わずとってしまった。

その電話の内容が驚愕的すぎたので、それ以降は電話をとっていない。

その内容とは

「忙しくしてたん?おつかれさま!よくがんばったからご褒美にいっしょにのんびり旅行にでも行こか。2人でのんびり温泉でも浸かって美味しいもん食べよか。」

ニュアンスとしては、上からと言うか、包容力のある話し方。「うかがう」とかでない、当然のような話し方。

これが彼氏や仲のいい友達ならわかる。けど、苗字も思い出せないような人で、ただの赤の他人である。その赤の他人と当然のように温泉旅行に行く理由が見当たらない。そしてさらに彼は続けた

「俺らどうする?どうやって付き合っていく?どんなつきあい方したい?」

え?

どういうこと?

彼の中ではLINE交換したら、それはお付き合いをするというロジックなのか。

もちろん、ごはんどころか、横で肩並べて缶コーヒーすら飲んだこともない。

勘違いさせるような言動は一切なかったと思うが、一応「もし勘違いさせたならごめんなさい」と伝えた。彼は「まぁのんびり考えてくれたらいいから」と答える。いや。無い。彼氏がいなかったとしても、そこまで積極性を発揮されると引く。誰もが最初は下から来るんよ。「もしよかったら」とか。「いっしょに行ってくれる?」とか。それもまずはご飯とかだよね。まぁそう言われたとしても丁重にお断りするけど、このような嫌な気持ちを持つことはないと思う。

なので、冷たくあしらうことも覚えた。それでも、毎日毎日電話が鳴る。

LINE交換なんてするべきではないね。

たしかにね、うちの年で、これだけ熱心になってくれる殿方がいるってのはありがたいよ。

ありがたいね、って思うんだけど、ぜんぜんありがたくないんだよね、実際。穏やかに過ごしたいのにかなりのストレス抱えるんだよね。

「忙しくてLINE電話いただいても取れません」とも伝えてるのにかかってくるんだもん。ストレスだよね。

 

こういう経験を経て、男を信用できなくなったり、軽視してしまったり、壁を作るんだよ、女は。

そして、自分の彼氏やパートナーは、他の女性に、そうやって気持ち悪く思がられたり、蔑まれたりするような男でいて欲しくない、と切に思うわけですね。

 

 

 

 

 

 

川島ぁあああ!!!

最高!惚れる!!!

 

 

楽しみの一つがまた終わった。。

次は岩瀬敬吾で、その次はまたサッカー♡

岩瀬敬吾@横浜!!!

岩瀬敬吾のワンマンライブ@横浜に行ってきたぁああ!!!


f:id:nanbu214:20170321222932j:image

ものすごく好き!!!

彼氏さん付いて来てくれた。

わかるかな。

愛する彼氏さんの横で、愛する岩瀬敬吾を見てる感じ。

最高なひとときでした!

 

声も好き。笑顔も好き。「遠くからお越しいただいてありがとうございました」って、うちに言ってないかもだけど、うちが、うんうんすると、うんうんしてくれた!(勘違いかも?だけど)勘違いしとく!

 

ライブ終了後、写真撮影とかサインとかファンとの交流会があるんだけど、好きすぎて、見てるだけでいい!って思ってた。

ちゃんと岩瀬敬吾のCD借りて予習してくれたり、横浜まで付き合ってくれてた彼氏さんに感謝しかない!