読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんぶの老害日記。

弱音と強音吐きます。わかったようなことかきます。心にささったことばや、思い出書いてます。そっとしといてくださいね。

生理的な感覚。

先日、友だちから電話があって相談された。

「彼女はオレのアナルを舐めてくれへんから愛されてない」

わかる。
そう思う気持もわかるし、彼女の気持もわかる。

もちろんそういう行為が生理的に受け付けへんって人もいるし、
そこで愛情は測れないとも思う。


彼氏や旦那のパンツを洗える洗いたくない。
彼氏や旦那に自分のパンツを洗ってもらう洗ってもらいたくない。
って生理的な感覚がある。

実際、元だんなのパンツは洗ってたけど、洗いたくはなかった。
元だんなは洗濯してくれる人ではなかったけど、洗濯してくれる人であっても自分のパンツを委ねたくなかった。
もちろん、元だんなに対して愛はあった。

でも、元だんなのアナルは舐めれない。
もちろん、舐めたこともない。


今の彼氏さんのパンツは洗えるし、洗ってあげたい。
うちのパンツも知らん間に洗ってくれてるし、まったく嫌な感覚はない。


なんだこの感覚の差は。

愛情なのかなんなのか。
生理的な感覚はどうがんばっても変えれないので今の人でよかったと思う。


まぁ口うるさいところあるけどな。