読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんぶの老害日記。

弱音と強音吐きます。わかったようなことかきます。心にささったことばや、思い出書いてます。そっとしといてくださいね。

紀の川そば。

昨日子どもの体育祭のため和歌山にいってきた。

元旦那は仕事で行けないと言っていたのでひとり。

 

競技中の子どもを発見できることができず、必死に目をこらした。

やっと子どもを見つけることができた。

友達と仲良さそうにしてた。

それだけで涙がでそうだった。

 

お昼休憩中に昔よく元旦那と行ってた、紀の川そばに行った。

紀の川のそばにある中華そば屋さん。

 

満席で待たされたけど、そこは元旦那の空気が流れてた。

なんとも言語化できないんだけど、あたたかい空気感。

ほぼ毎週元旦那の実家で過ごしてたなー

姑からの嫌味を笑って過ごすうちを見て、「ひじりにそう言う言い方するなら、二度とこの家に遊びに来たらへんからな!」とよく怒鳴ってはった。

いつも守ってくれてはったなー

ちっちゃかった子どもを姑にあずけて、息抜きにこの紀の川そばとかドライブに連れていってくれたなー

とか思い出しながら。

 

体育祭終わったら元旦那から電話が鳴った。

「できるだけ早く帰るからいっしょに飯食いにいこか」

 

 

 

その夜に元旦那の友達と約束あったので会ってきた。

結婚式前に元旦那と話したことを教えてくれた。

元旦那はあんなんやけど全力で守ろうとしてくれたんだと知った。

 

こんなに離婚したことを悔やんだことはなかった。

離婚してからの人生を悔やんだ。

 

そんな1日を過ごした。

これでよい。がんばれる。