読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんぶの老害日記。

弱音と強音吐きます。わかったようなことかきます。心にささったことばや、思い出書いてます。そっとしといてくださいね。

好きな音楽。

たまに「どんな音楽聴いてるんですか?」「好きなアーティストいるんですか?」って聞かれるんだけど、音楽のことを答えるのが面倒で「音楽聴かないんですよー。」って答える。

「音楽聴かないの珍しいですね。」って言われると、「まったく興味ないわけではないですよ。昔から好きなのはビートルズですかね。あと岩瀬敬吾って知ってます?元19の。あの片割れなんですけど。大好きです。でも日常的には聴かないんですよ。家に音楽聴く道具無いんで。笑」と答える。

 

うちは小学5年生の時に、ちょっと田舎に引っ越した。その田舎は小さいスーパーしかなくて。文房具とかは大きい橋を渡った、遠い隣町まで買いに行ってた。もちろんコンビニなんてない。

そんな田舎に、中学1年のときに、比較的大きいスーパーができた。「アルプラ」ね。

そのアルプラにはマクドTSUTAYAが入ってて。休みの度にTSUTAYAに通ってた。

お金がないから、歌詞カードみたり、手にとったり。全商品知り尽くしたんじゃないかと思うくらい、TSUTAYAに通った。

もちろん、レンタルもしてないし、買ってもいない。

TSUTAYAに流れてる音楽を聴いて、歌詞カードを見てるだけで楽しかったのかも。

 

あるとき、「Stevie B」という方の曲が流れた。惹かれてしまった。なんてキレイな声なんだろう。なんとか入手できないかと思ってると、アニキの部屋にそのCDが置いてあることに気付いた。

そっと触ってみた。本物だ。アニキが帰ってくるのを待つ。アニキが帰ってきたので、そのCDを聴かせて欲しいとお願いした。

「割るなよ。傷つけるなよ。」と言って、好きに聴いていいで、と、何枚かのCDを渡された。

尾崎豊とかもあったけど、ほぼ洋楽だった。

それから10年くらい経って、結婚式で流す曲を選ぶ場面に出くわしたとき、真っ先にその曲が頭に浮かんだ。(キャンドルサービスの時に使いました笑)

あれから25年経つのに、まだその曲を聴きたくなる。

でももう中学1年のときに聴いた新鮮さはなくて。 

でも間違いなくその曲が好き。

ほかにも好きなアーティストも曲もあるんだけどなー。通り過ぎてしまうねん。

 

なにが言いたいかというと、うちが好きになると、トコトンってことやね。

 

もしね、うちが離婚してなかったら、うちの旦那は、うちの葬式の時にその曲を流してくれたんだろうな、って思う。

あーでも、元旦那の方が先に死んじゃいそう。

 

元旦那以外の人なら、うちの葬式には、ビートルズのあの曲を流してくれるんだろうな。

一応ね、長いお付き合いをしたいな、という方達には一度は伝えてる。

覚えてないだろうけど、しんちゃんにも伝えたことあるな。彼氏にも。

まだまだまだまだ先の話やけど、その曲を、Paulの声を聴きながら旅立ちたい!

John Lennonじゃなくて、Paulのあの曲。

Mother Nature's Son 」